未分類

広汎子宮全摘術退院2週間後

投稿日:

おとつい再診にいってきた。主治医は、前回のオペの円錐切除術の際に脈管侵襲部分のガンを取り切れているのではないかということで、先生同士のカンファレンスを行った結果、中リスクはひとつだけだし今回は抗がん剤や、放射線はしなくていいのではないかということであった。

脈菅侵襲とは、リンパ管や、血管などにがん細胞があったということは、他にも転移してるのではないか?と不安になった。

そして前回のオペの時に撮った肺のCTで、左の下葉に3ミリの白い影があるとのことであったが、今回撮ったCTとほぼ変わらないのでこれもこのまま3か月に一度のCTフォローでいけるのではないかということであった。

だが、主治医が前にいた病院では、脈管侵襲あった場合は抗がん剤か、放射線単体で治療をしているところもあると話す。

当病院はこのレベルではしていないということであった。

迷うところであるが、隣で母はありがとうございますしか言っていない。

他に何も今回の取り除いたところからはなにもでてこなかったからだ。

リンパ節もたくさん取ったが何も出てこず。。

職場に電話したら、した方がいいのではないかと言われまた悩む。。

仕事よりも先に身体を治す。。

そのことの方が大事なのではないかと。。

たしかにそうであるがフォローを毎月してそれからでも良いのではないかと家族は話す。

抗がん剤に対して私が痩せ細り髪の毛も無くなるのを見たくないと母は話し泣く。

お金もかかることだし働かなくてはならないし。。

でも今回何も出てこなかったのは合格発表の時のように嬉しかった。

でも肺に影は気になる。。

ガンでなかったらいいなと願う

-未分類

Copyright© じゃぱとん , 2021 All Rights Reserved.